メンズ脱毛

メンズ脱毛リンクスに取材!脱毛機開発や脱毛意識の変化について聞いてきました。

メンズ脱毛を牽引していくRINXリンクス。現在では男性の脱毛も当たり前といった流れですが、男性が脱毛なんて!?という時代からリンクスはメンズ脱毛の看板を掲げてきました。

そんなRINXリンクスを支えてきた方に取材をさせてもらいました。

RINXリンクスに通う男性の脱毛への意識の変化

取材班:昔はメンズ脱毛の言葉自体あまり耳にする機会がなかったですが、最近ではテレビで芸能人の方がメンズ脱毛を公言している方が増えましたよね。実際RINXリンクスの現場ではどんな変化があるのでしょうか?

RINX:はい、数年前は男性が勇気を振り絞って来て頂いていたのですが、今では気軽に学校帰りにお友達同士でのご来店や、親子で脱毛などたくさんの方が気軽にお越しいただいています。

取材班:そうなんですね、親子脱毛は初めて聞きました!なん歳ぐらいの親子なんですか?

RINX:お客様によってももちろん異なりますが、お父様が50代で息子様が20代の方や、中には未成年の方もいらっしゃいます。
特に学生時代は、女子の目線が気になったり、お友達は軽い気持ちで「濃いな〜(笑)」と言った言葉でも傷ついてしまう年代だと思うんです。
そんなお子様を見かねて、親御様がご連絡いただくケースは最近かなり増えています。

取材班:確かに特に学生は毛のことをコンプレックスにしてしまう人もいますよね。親が子どものために脱毛させるというようなケースもあるんですね。

毛がワイルドというよりは綺麗で清潔感ある人が人気の傾向が強くなっているので以前よりも毛に対する男性自身の意識は変わっているようです。

 

女性の男性の毛への印象

取材班:知人女性の中に男の青髭や体毛に対して嫌悪を示す人が増えている気がします。RINXのお客様でも女性の目を気にされる方は多いですか?

RINX:そうですね、ここ数年で特に増えてきている印象です。

取材班:どんなきっかけで脱毛をする人が増えてきていますか?

RINX:最近増えているのはブライダル前に脱毛したいとおっしゃる方がいらっしゃいます。

取材班:ブライダルですか。男性でも気にされる方がいるんですね!

RINX:一生に一回の式で写真も撮るので、女性の方が青みが気になると言って男性に脱毛してもらうという人とかもいらっしゃいますよ。

取材班:なるほど、その場合って男女で来店するのですか?

RINX:はい、女性の方が男性を連れてくることもあります。

取材班:確かにヒゲが青みがかっていると写真でも気になってしまいますよね。その場合はどれくらい前から通うと綺麗になるんですか?

RINX:半年くらい前からきていただくことが多いです。ただ半年だと完全に綺麗にするのは難しいです。頬とか首とかすごく明るくなりますけど、1年前くらいから来ていただく方が綺麗に進めていくことができます。

取材班:結婚に向けて青髭を無くしたい場合は1年くらいかけて脱毛するといいんですね。他にも女性から言われて脱毛にくるような男性は結構いらっしゃるんですか?

RINX:そうですね。お客様からはお付き合いされてる方が毛が嫌いで脱毛しに来たという人がいます。「なんでこんなに生えてるの?!」ってびっくりされるみたいです。それが原因で振られてしまったなんて方もいらっしゃいました。

取材班:そんなこともあるんですね。

RINX:ここ最近では女性の方が男性を連れて来られるというようなことが非常に多くなってきていますね。

取材班:連絡は男性の方がしてこられるんですよね?

RINX:女性が電話してこられることもあります。嬉しかったのが、彼氏さんの誕生日にプレゼントで脱毛を考えているという方がいました。彼氏さんが脱毛を悩んでいて、そういったプレゼントに脱毛を送る方もいらっしゃいます。

女性の中には本当に男性の体毛や青髭が嫌いという人も多く、僕の知人では恋愛対象から外れてしまうこともあるみたいです。RINXにくるお客様の彼女さんは男性が悩んでいると脱毛をプレゼントしたいなど男性の脱毛に対して寛容な態度を示している人が多いみたいです。

 

RINXリンクスの脱毛機開発の過程

取材班:実際に私自身がRINXリンクスで脱毛させてもらって脱毛した部位の効果を感じているのですが、RINXでは脱毛機の開発に力を入れてきたと伺いましたが、そのあたりのことについて聞かせていただけないでしょうか?

RINX:女性と男性では肌が全く違うんですけど、脱毛というのは女性脱毛の歴史からきてますので、ほとんどの脱毛機の仕様は女性脱毛機になっています。女性の肌は柔らかくてきめ細かいのに対し、男性の肌は20%から30%厚みが違っています。これは皮脂分泌量の違いからきます。(つまり男性は油っぽいということ)そうすると光の浸透を妨げることになるのでコントロールしにくくなります。また水分量も男性と女性とでは違くなります。バランスがいい状態だと脱毛効果を得られやすいんです。肌が乾燥していると今度は痛みがとても強くなってしまいます。

  • 油分が多い肌→光が浸透しにくい
  • 水分が少ない肌→痛みが出やすい

取材班:では、脱毛する前には肌の状態をバランスのとれた状態にしてきた方がいいのでしょうか?

RINX:確かに日頃からお肌のケアをされている方が効果を実感しやすいとは思うんですけれど、なかなか男性の方で自宅でケアする習慣がないということを理解しています。そういった男性の方でもしっかりと効果を得ることができるようにと工夫してできたのが現在の脱毛機(INNOVATION)になります。以前に瀬戸様(執筆者)も脱毛してもらったと思いますが、ジェルを塗ってもらったと思います。そのジェルには浸透水を使っていて肌に水分が入っていきやすいものになります。施術しながらも肌をケアしていくことができるようになっています。乾燥している男性もしっかり保湿しながら施術ができるように作りました。

取材班:それで施術が終わった後も水分が肌にしているから肌がすごく潤っていたということなんですね。ジェルもこだわって作ってると思いませんでした。脱毛機は独自で開発されたというのをサイトでお見かけしましたが、どのようにして開発を進めて行かれたのか聞かせて頂けますか?

RINX:先ほどお話ししたようにもともと脱毛機は女性用のものでした。たくさんのお客様の脱毛から1週間後、3ヶ月後の抜け具合などを見させていただいて、この肌は抜ける抜けないなど検証を繰り返してきました。メーカーに頼んだのではなく実績から導き出しています。(2018年現在12万人の実績)
その統計を元にして男性用に切り替えていきました。男性の毛はヒゲなど特に毛根が深くて熱を奥まで届けないといけないので威力をあげなくてはいけないんですけど、そうすると痛みが強すぎるという問題が出てきました。

取材班:私もヒゲとすねの脱毛をさせてもらいましたが、ほとんど痛くなかったですけど、最初からそうだったわけではないんですね。

RINX:以前の脱毛機では、男性の方が痛くてうっという声を出してしまうこともありました。これだと続けることができないし、なんとかお客様が苦痛なく脱毛できるようにならないかと考えました。そこからまた実績をとってここの部分の痛みは痛い痛くないなど検証してアップデートして現在の冷却機能が優れた機械になりました。冷却機能で痛みの軽減をした上で効果を落とさないことにとことんこだわってできた機械になります。

取材班:聞いて納得というか痛くないのに効果がでる理由がわかりました。このように独自で開発しているメンズ脱毛店はRINXさん以外には見当たらないような気がしますね。

RINXの脱毛機開発
  • お客様のデータを元にしている
  • メンズ脱毛実績12万人の圧倒的な実証
  • 全国44店舗(2018年8月)
  • メンズ脱毛専門店では顧客数最多
  • データ数が豊富

たくさんの検証のもとで1年半かけてINNOVATION(RINX独自開発脱毛機)ができた話を聞けた。正直いって、ここまで本気で男性の脱毛に向き合っているところは他にないです。

 

医療脱毛と美容脱毛の違い(レーザーと光)

取材班:最近では医療脱毛と美容脱毛どっちで脱毛すればいいのか悩んでいる人も多いと思います。違いやおすすめなどを教えてもらえたらと思います。

RINX:医療機器と美容機器の選定をする必要があって、医療機器くらいの威力が出るものをエステティシャンが使うことはできません。美容ライトの基準に則ってその機械を使用しているという証明書があった方がいいんです。エステティック工業会というところで適合審査を行なっていて、機械を美容機器として安全性を認めてもらうことができるんです。そこで認められた機械は限られているのですが、RINXはそちらを取るのも大変でした。

参照:日本エステティック工業会

RINX:オリジナル脱毛機と謳っているところで適合審査に通っていないところもあります。

取材班:安全性の確保ができてないということですね。素人としては全くわからない分野ですが、このような審査に通っていない機械を使っているようなところもあるんですね。

RINX:今女性の脱毛機などでスピード脱毛というのが流行ってたりしますが、こちらは審査に通ってないものが多いです。スピード脱毛にすることで回転率を上げようとするんですが、私たちRINXはスピードではなく店舗数を増やしてリニュアールして部屋数を増やしていくことでお客様の通いやすい店作りというのを心がけてきました。

私自身が一RINXの顧客として思うこと。RINXはお客様の立場に立って何事にも取り組んでいると本心で思う。だからこそ私もサイトでRINXを数あるメンズ脱毛の中で一番に皆様におすすめしたいと思います。スピード重視ではなく効果と安全面を第一に考えての方針でスピード脱毛は行わない。

取材班:先ほどの話に戻るとレーザーというのも女性用に作られているということになりますか?

RINX:レーザーはまた少し用途が違うんです。レーザーは一点集中型で当てていくようになります。このようにして、レーザーでは脱毛だけではなく治療をメインとして利用されています。シミ取り・ピーリングなどにも使われます。用途によってヤグレーザーを使ったりダイオードレーザーを使ったりするようになります。
IPL(光)脱毛は、これらの波長を組み合わせてできています。レーザーは治療などに特化しているのでお肌の改善になるなどということはありません。医療レーザーは治療するものになるので一点を集中的に攻撃するような形になります。ですのでお肌への負担がかかります。ここでダウンタイムという肌を休める期間が必要になります。ですので、光脱毛に比べて期間を開ける必要が出てくるんです。
私たちは2週間から1ヶ月に1回きてくださいということを言ってるんですが、レーザー脱毛の場合には2ヶ月開けるとかという風になります。

(威力はレーザー脱毛の方が強いけど、ダウンタイムが必要になるので光脱毛をその間に数回できると考えると期間的には同じくらいに完了しそうです。肌を痛めないで脱毛したいなら光脱毛の方が良さそうですね。)

取材班:レーザーの脱毛は基本的に肌に負担が多くなりそうですね。光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛と現在は3種類の脱毛方法があると思いますが、この中でどんな人にはどの脱毛方法がいいみたいなのはありますか?

RINX:お肌がとにかく強くて何をしても肌のトラブルが無いような方であればレーザーだと威力が出ると思います。カミソリ使った後に肌がヒリヒリしやすい人などは光脱毛がいいと思います。接客業の方や人と会うお仕事の方は2・3日でもレーザーだと腫れが出てしまうのでやめた方がいいと思います。アトピーの方でよほど重度でない方であればRINXは脱毛できます。白髪だらけの方はニードルがいいです。ニードルは期間と時間とお金がかかりますので白髪でない人はおすすめしないです。ニードル脱毛は針の脱毛になるので赤い斑点だらけになってしまいますので肌がデリケートな人はやめた方がいいかなと思います。

レーザー脱毛・・・威力は強いが肌に負担がかかるためよほど肌が強い人以外はおすすめできない状況。

ニードル脱毛・・・白髪が半分以上の場合はおすすめ。料金が1部位でも何十万円と高額かつ肌への負担も大きいので黒い毛の人は他をおすすめ。

光脱毛・・・威力はレーザーよりは劣るが、肌への負担が少ないために早いサイクルで脱毛が可能!そのため脱毛が終了する期間は早い!!

取材班:今回は取材を受けていただいてありがとうございました。RINXリンクスが他のメンズ脱毛店と比較した時に本当に機械の開発からこだわっていることが伝わりました。できるだけ多くの毛で悩んでいる男性にRINXへ行ってもらえるといいなと思いました。

RINX:私たちは一人でも多くの男性の悩みを解決できたらいいなと思っています。ありがとうございました。

メンズ専門脱毛RINXリンクス取材まとめ

私自身が通う脱毛店RINXリンクスに取材させてもらいました。RINX今年で10周年みたいでほとんどメンズ脱毛の歴史と同じでした。

私はRINX歴4年ですが、本当におすすめのメンズ脱毛店です。

今回取材させてもらって思ったのが、実際にいつも楽しく通わせてもらってる裏側には多大なる企業努力があったのだと思いました。

12万人もの実績とデータを集計して、ここまで素晴らしいサービスが提供できるようになったのだと人として教わることがあったような気がしました。

コスパ・スタッフのサービス・脱毛の効果・店舗の快適さなどどれをとっても申し分ないサービスを提供しているRINXさんをべた褒めしてこの記事を終わることになってしまいましたが、男性の方や剛毛に悩む男性へのプレゼントを考えている女性には一言言いたいです。

RINXリンクス行けば間違いないよ!

RINXの記事一覧

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)