趣味・ブログ

うまくいかない時の対策!「金運・恋愛運・仕事運をあげる方法」

最近、どうも色々うまく行かない事があるよという人に書きたいと思います。

がんばっても自分の思い通りに行かない時は神頼みしかないのでしょうか!?

私のことをお話しようかと思います。

今年のいい事

信頼できるパートナーができた!

仕事が順調である!

今までがんばってきた仕事が身を結び、新たなステージへ。

このままがんばれば、駆け抜ける事が出来ると思っていた。

最強だった。ハッピーな状態だった。

しかし、そんか良い状態が長く続かなかった。

自分で対処しきれない事がでてくる。

キツっ”て感じてた事

Googleのアップデート

以前より厳しい状況

がんばるが、成果と結びつかない。頑張っているのにだ。

尾崎豊のようにもがき苦しんでいるのだ。

盗んだバイクで走り出したい気分だぜ!!

うまくいかない時、人生が噛み合わないと感じる時

作業意外にもマインドを整えるために本やYouTubeを漁る。

いろいろTwitterを読んで情報を収集したり、情報発信をしたりしている。

最近はよく斎藤一人さんのYouTubeをみて、心を浄化している。

名言やためになった話
  • 神社でお願い事をするな!
  • 願い事は渇望の裏返しである
  • ないことを望んでも無駄
  • 感謝する
  • トラウマの白を黒に変えてしまう
  • 価値ある人間になろうとしなくてもそもそも価値があるんだ
  • 仕事は見つけるもんじゃなくて、授かるもんだから目の前の事に全力になればいい
  • 才能はみんなにある
  • 褒めることが最大の才能

これらの斎藤一人語録は、私の心に刻まれてる

(斎藤一人知らない人はみてみるといいですよ)

高額納税者らしい。詳しくは知りませんが。

たくさんいい話を聞きたい人は斎藤一人を聞いてみよう。

そこらへんの胡散臭い自己啓発セミナー行くなら斎藤一人さん聞いた方がいいんじゃないかと思う。

知らんけど!

話を戻しましょう。

こうやってYouTubeや本で成功者の話を聞いたり読んだりして、その瞬間は「すごいなぁ!俺も頑張るぞ!」

とか思っても、次の日にはまた元の自分に戻ってたりしませんか?

僕はします(汗)

1日経つと同じループを繰り返している。

昨日あんなに悟りを開いたのにまた元の状態に戻っとるやんけ!っていうやつですね。

そんな感じなのはあなただけではない。少なくとも同じ思いをしている人間がここにいる。

つまりは未完星人なのだ!!

非常に良くない。足るを知れ!!

と言っても結局元の自分に戻ってしまうのだ。

人間そんなに急に変われるのなら苦労はいらないのである。

成功する人と成長しない人の違い

おそらく、同じ世界を見ていても、成功する人とそうでない人の差は受け取り方の違いだけだ。

同じ意見を聞いても捉え方が違う。

自分は相手の言ってることをハッピーな角度から捉えることができているのだろうか?

自問自答してみるといい。

妬みがあるなら、心の状態はあまりよろしくないと考えてほぼ間違いない。

うまくいかない人の話を聞いて、よしよしと安心している間も心の状態がよろしくないと思ってほぼ間違いない。

心の状態はすべてを変化させる力を持っていると思う。

心がハッピーだとハッピーな事柄を次々と巻き起こし、心がブレるとまた現実もブレる。

なんとも不思議だが、心と現実は密接に繋がっている。

そんなわけで少し自分と向き合ってみた。

成功している人間やそんな雰囲気を出しているタイプの人が苦手だ!

人の成功体験や自慢話ほどつまらないものはないと思う。

人は他人の成功の話など望んでいないのかもしれない。

それにしても「人の不幸は蜜の味」とは昔の人は上手いことを言うもんだなと思った。

自分の成長や成功について考えてみよう

以前より何かが悪くなったわけではない。

だから残念ながらみんなが望むような不幸な話を披露することができない。

残念だ。

では、何を私が悔やんでいるのか?!

  • 成長できなかったことがある。
  • 達成できなかったことがある。

つまりは立ち止まってしまっていたのだ。

  • 仲間と始めた企画が途中で行き詰まって終了
  • 投資を学ぶが結果を出さずに放置している
  • 今年の売り上げ目標に届きそうもない
  • アンバサダーとしての期待に答えれていない

決して死ぬほど悪いわけではないが、変化を起こさなければいけないタイミングだと神様からお告げを受けているようなそんな感覚なのだ。

神様から何かが噛み合っていないとお告げを受けているような。

良いか悪いかを売り上げで確認するなら、激悪いわけではない。

それでも納得がいかないのは、ただ単にお金の問題だけではない。

自分が考えている事と答えが裏側になっているような、そんな感じだ。

放置しておけばますます進行してくだろう。

つまり、焦りだ。

このままではいけないという警告を受けている感覚がある。

こうすればこうなる。という計算は元々精密なタイプではないが、数をこなすことでなんとかなっていたことがある。

これがうまくいかない。

正確に言うと、結果がついてこない。

がんばれば、報われる。こういう数年間を送ってきた。

本当に素晴らしい師匠にも恵まれた。

ただし、いまは自分の道を作らなくてはいけない時なのだと思う。

自分なりの道を模索したいと思っている。

うまくいかない時の対策を考えてみた

うまくいかない時は、

  1. 自分の手の届くことと
  2. 自分の手の届かないこと

の二つの要因があるだろう。

手の届くこととは、純粋な作業の量や方向性を考えること。

手の届かないこととは、目に見えない後押しの力と私は考えている。

ずーっとついていたと思う。この数年間はがんばった結果が報われてきた。右肩上がりのグラフだった。

自分をラッキーだと思っていた。

何かに守られていたような、そんな感じである。

それが8月あたりからは横ばいから下向く傾向にある。

もしかしたら何か悪い憑き物が憑依しているのかもしれない。

オカルトみたいな話だが、人には運気というものがあるのだと思う。

そして、その運気のようなものを手繰り寄せる方法は言葉遣いであるらしい。

だから、運が良くなりたい人間は、言い換える必要がある。

「運が良くなりたい」ではなくて、「ついている(ラッキー)!」

ということが大事だ!と思う。知らんよ、ほんと。

何かを求めることは実は反作用的に欠乏を示しているということらしいから。

つまりすでに、手に入れている事柄や物に感謝の姿勢を示す必要があるらしい。

ほぼ斎藤先生のお話を受け売りしてますw

そして、神様の前では要求をするのでなく、感謝をするといいらしい。

この小さな違いが、やがては果てしなくでかい差を生み出すのだと思っている。

うまくいかない時は

  1. 手の届くこと
  2. 手の届かないこと

がある。

手の届くこととは、斎藤一人さんが言うところの目の前の仕事を全力でやることだ!

これは言い訳のしようがない。

やるのみだ。

与えられた仕事に最大限の感謝をしよう。

手の届かないこと。これはつまりは目に見えない力であり、それがなんなのか頭で理解することはできない。

つまり、神様の力のようなものだ。

俺には神のことが全くわからない。

宗教も持っていない。

特に何かを崇拝することもない。

いわゆる普通の日本人だ。

そうだ!神社へ行こう

そんな日本人が身近に神を感じるところと言えば、神社しかない。

というわけで、今回のテーマの三大厄除け大師の西新井大師という神社にに行ってきたというわけだ。

読んでくれ方に誤解の無いようにいうと、私は特に神様を特別信仰しているわけでは無い。

なんせ神社と寺の区別がついていない。

その程度だ。

ただ、運気を変えるために神社行ってみたらいいことありそうみたいな浅はかな気持ちだ。

お護摩を受ける。

お護摩ってこんなやつ!

http://www.nishiaraidaishi.or.jp/ogoma/

お護摩札をもらって帰った!!

せっかくだからということで彼女と一緒に神棚作りをしてみた。

嘘みたいな話だけどさ、このタイミングで面白い話が来たりしているのは、神様の計らいなんじゃ無いかな。

しかもいきなり爆発的に売り上げが・・・。

単なる偶然なのか?

ちなみに私は神様を押し付ける団体の使いのものではございません!!

続く。かもしれないw

おやすみ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)