男磨くぜ.com

モテるための男磨き情報サイト

*

彼女の作り方!私の恋愛法則!

      2015/10/21

s-kanojo

恋してますか~?!恋をすると人生が明るくなりますよね。彼女の作り方というテーマでお話ししていきます。自分の体験を織り交ぜて彼女ってどうやって作るんだっけ?ってなってる人のヒントになればと思います。

その人に会うために、その人に振り向いてもらうために、頑張った経験て誰にでもありますよね?

全貌を明らかにしてやりましょう!

彼女の作り方!

タイミングの話

神は必要な時に必要なものを用意してくれている。という思想がありますが、いつまで待っても家に閉じこもっている人にタイミングは訪れないのではないのかなと思います。

ですが、どれだけ動いて活動的になっても彼女ができないという人もいるかとは思いますが、それはタイミングが訪れていない、もしくは深層心理の中で本当は彼女を作りたいと思っていない可能性があります。

本当に大切なことは彼女が欲しいと思うよりも彼女と一緒にいる姿をイメージすることが大切なんです。

さらに言うと、欲しい欲しいと執着しているときはあまり現れず、どうでもいいやという状態や何かに打ち込みだしたときなどに急に目の前に現れることが多い気がします。

実際に私は何回彼女ができたかカウントすることが難しいくらいに細かく付き合ったりもしてますが、長く付き合った経験は5回とカウントしてます。今回はその5回について書いていきます。

私の恋愛遍歴から彼女の作り方を考える

1人目:まい(仮名)

s-TSJ93_koibitoJK20150208092700500

1人目、まいと付き合ったのは中学生最後の日がきっかけ。ありきたりで恥ずかしいですが、卒業式の日にボタンをくださいと言われたことをきっかけに付き合うことに。

当時私は好きな子に告白をして振られるという初めての苦い経験をした直後の事でした。

まだ、女を知らない私はデートをし、女性という得体のしれない存在に恋をし、付き合うことになりました。

この時は彼女を作りたいとかそんな事も考えず、付き合うとは何かもわからず、ただただ付き合いを始めました。思い出すと泣けてくるほどに懐かしい良い思い出です。

2人目:ゆき(仮名)

高校を卒業し、チャラいギャルオ風情になっていた私は、クラブやストリートナンパに明け暮れていました。ナンパして出会ってもなかなか真剣な恋に発展することは無かったのですが、ある日通学の電車の中で見かけたゆきに一目ぼれしました。

たまたま同じ駅だったのでナンパ人のプライドをかけて一世一代のナンパ。

この時、思いもよらない軽快なトークとは裏腹に私はいかに本当はドキドキしてました。そして、自分の苦い経験を包み隠さず話しました。

すると同調してくれ、連絡先を交換。

次はゆきの悩みを聞くと言う話でその場は一旦別れますが、後日居酒屋デートをすることに。彼女も別れたばかりで、いろいろと相談に乗りました。

そんな一見チャラい出会いでしたが、本気で付き合い2年と少し続きました。

3人目:はな(仮名)

s-hana

社会人になってしばらくは彼女を作らず、適当な女性と遊んでましたが、正直少し心がすさみだしてました。世の中にチャラい人しかいない、信じられる女がいない。そんな風に考えている中で合コンに呼ばれてであったのがはなです。

衝撃が走るほどに恋をしました。一瞬で。

確かに見た目がタイプなのもありましたが、笑顔にウソが無く、純粋に楽しいことを楽しむ姿に心が本当に安らぐのを感じました。

帰りの方向が一緒でみんなで乗ってるタクシーの中で告白しました。そして振られました。

ですが、あきらめず、その日から毎日のように告白し続けました。ですが、人を信じるのに時間がかかると言われ、それでもあきらめずに何度も告白しました。

後にも先にもこの情熱にまさるものは無かったような気もします。

いつものように告白すると「もっとちゃんとしたところで言って」と言われました。一瞬かたまりました。そして、その真意はおわかりですね。

お台場で決めてゴールしました。一言「いいよ」と言われたことはいまだに忘れることができません。

4人目:なみ

s-nami

あまりにさみしくて一人キャバクラでアジア系の綺麗なスタイルの女性に速攻で告白。その日のうちに家にご招待していただきました。(笑)

5人目:あやか

卒業から10年後の同窓会で誰だかわからないほどに綺麗になっている女性に出会いました。ですが、初めのうちは相手に彼氏がいることがわかり、大人しく友達コース。

でしたが、何度かみんなで飲んでいると相手は大変な恋をしていることがわかりました。

「いけるかも」と思いましたが、同級生でしたので、すぐに行動はしません。

しかし、思いを抑え続けることができずに二人で飲む中に。ただ楽しい話をするだけでしたが、ある日、彼氏と別れたいという気持ちがあることを知りました。

そこからは強引に引き寄せました。

直感で行動する!

PPO_hijyoukuchinotairu500

私の恋愛遍歴について書いてみましたが、彼女を作るとき、出会った場所やシチュエーションはすべて全くといっていいほどに違います。

ですが、本人にしかわからない絶対法則が存在してます。

それは直感で確信し、振られても絶対に付き合うと信じ、そして付き合う。

それは言葉で表現すのは難しい程に直感であり、感覚です。ですが、それは、突然に現れ、そして、確信を持ちます。大人になると彼女が作りたいとかいろいろ考えますが、子どもの時は好きな人なんて彼女が欲しいとか何も考えず、ただただ理由もなく好きな相手ができている。

大人になるとあれこれ考えすぎます。

そしてそれが彼女を作る邪魔をするように思う。そして神経を鈍らせています。

そんなんではなく本当に自分にとって光のような存在が突然出現するのがこの世界の面白いところ。

そして、その光を手にすることができるようにこの世界はできています。俺には無理~とか高嶺~とか言わないで、光が見えたら次の瞬間に告白するくらいに本能に生きてみるのも良いと思います。

というか、私の成功体験が導く答えはそれでしかありません。

焦ってるあまりに、そんな好きでもない相手に媚びを売ってませんか?もったいないです。それは本当にあなたに必要な相手ではないです。

つまり、彼女を作るときには、導かれた光は必ず手に入ると信じて突き進めということです。

 

 - モテ力 ,

レタングル大

レタングル大

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)